建築中

上越市内・新築工事③瑕疵保険2016.08.12

上越市内で進行中の新築工事

前回は、
配筋のあとコンクリートを流し込む前に
大切な工程があるとご紹介しました!!

本日はその大切な工程
【住宅瑕疵担保責任保険】の
調査の様子をご紹介します!

ジュウタク カシ タンポ ホケン
初めて耳にする方も
多いのではないでしょうか?

住宅瑕疵担保保険とは、
新築住宅に瑕疵があった場合に、補修等を行った事業者に保険金が支払われます。
これは、仮に施工した業者が倒産等でその責任を果たせない状態になっていても支払われますので、新築住宅を建てる方を守るための制度なのです。

そして、この住宅瑕疵担保保険に加入するために、現場調査を受けなくてはいけません。

今回も配筋を終えて、
コンクリートを流し込む前に、
その現場調査が行われました。

配筋の間隔や、施工が正確に
行われているかの調査を受けます。

お客様にとって安心して住まうことの
できる住宅にするために、
正確な施工を行っております

もうお盆休みに入っていらっしゃる方も
多いでしょうか??
暑さに気を付けて、
充実した連休をお過ごしください