スタッフ日記

耐震性能とは??その①2017.10.13

上越市内での新築工事


工事が進んでいる様子を
ブログでも紹介していますが、

前回ご紹介した
【耐震等級】
について、今回はお話しします

『家を建てよう』と考えたときに、
『どんな外観にしよう』
『キッチンは?』
『寝室は?子供部屋は??』と
暮らしやすさ、過ごしやすさが
もちろん気になると思いますが。

同じくらい大切に思うのが、
【家の安全性】ではないでしょうか??

毎年のように自然災害の
ニュースが続いていますね。

大雨、洪水、火災、そして地震。

日々の安全な暮らしが、大きな災害によって
一変してしまう様子は、そのたびに不安な
気持ちにさせられます。

『安全な家に住みたい』と思うのは、
当たり前の希望ではないでしょうか。
私たち建築会社にとっても、
施主様の命と財産を守る家を
建てることは”義務”だと考えています。

例えば、私たちの暮らす日本は、
特に地震の多い国ですが。
同じ日本国内でも、県によって
地震の発生回数には多きな開きがあります。

気象庁が発表している2004年から2014年の
地震の発生回数を見てみました。

震度1~7まで、全ての回数で見ると、
新潟県は7位。

ところが、震度5弱~5強の回数では
新潟県は3位。

震度6弱~6強の回数では、
なんと新潟県が1位だったのです。

このデータを見ても、
地震が多い日本の中でも、
私たちが暮らす新潟県が
特に地震への備えが重要なのだと
わかります。

一口に[住宅の耐震性能]と言っても、
その違いを何で見たらいいのか。

それが【耐震等級】なのです。

【耐震等級】には、段階があります。
その違いについては、次回ご紹介しますね!!