注文住宅施工例

2つの“らしさ”がある暮らし:平屋

2つの“らしさ”がある暮らし:平屋

フォトギャラリー

  • 天然木のレッドシダーが印象的な玄関。<br />
白い外壁とのコントラストが美しい仕上がりに。
  • 外側と同じレッドシダーを玄関の天井にも使用しました。<br />
床材も明るい色の木目を採用したので、空間全体が温かみのある雰囲気に仕上がっています。
  • メインの玄関横に、ファミリー用の玄関とシューズクロークを設けました。造り付けの棚を4段設け、靴はもちろん、大容量の収納としても活かせます。
  • リビングも明るさを意識した造りにしました。<br />
軒を長くとり、夏の日差しは部屋に直接入らず、冬の日差しは部屋の奥まで届くよう計算されています。
  • テレビは壁付けに、その平面には外壁材を使用しました。部屋の中のアクセントとなり高級感を演出します。
  • リビング空間の天井は化粧天井とダウンライトを組み合わせ、高級感を演出しました。隣に建つお子さん世帯と同じ木目柄を使用し、お揃いの遊び心をプラスしています。
  • ダイニングスペースとなるキッチン正面のカウンターには、ニッチを設けました。インテリアを楽しむスペースとしても、日常ダイニングで使うものを収納するスペースとしても使えます。
  • キッチンは奥様の慎重に合わせて少し低めの高さに。食洗機も採用し、日常の家事が楽になります。
  • キッチン奥には、パントリースペースとさらに奥には勝手口を設けました。
  • こちらのおうちには裏に畑が。<br />
収穫した野菜の収納スペースとしてはもちろん、毎日の生活動線の良さを重視し、勝手口を設けました。
  • LDK空間に天井タイプのエアコンを設置しました。2方向への送風で効率よく部屋の空気を温め、冷やします。
  • リビング横には和室も設えました。お客様の宿泊スペースとしても活かせます。
  • 和室とリビングは引き戸で仕切ることができます。<br />
普段は一体の広い空間として使う事ができ、必要に応じて空間を分けられます。
  • 浴室横の洗面空間には、造り付けの収納棚を設けました。<br />
また、床面には硬質塩ビタイルを採用しました。<br />
お手入れのしやすさはもちろん、少しざらっとした質感で、滑る心配が軽減されます。
  • 和室の横には、たっぷりと明るさの入るサンルーム兼収納スペースを設けました。<br />
洗濯物を干してからしまうまでの工程がこの空間一つで済んでしまいます。
  • 主寝室は建物全体の和の雰囲気に合わせ、優しい色のクロスを採用しました。<br />
窓が多く、日中は照明がいらない明るさです。
  • 主寝室には大容量の収納を設けました。<br />
住んでから、収納家具を置いて部屋が狭くなってしまう心配がいりません。

施工ポイント

今回、親世帯と子世帯の2棟同時のご依頼をいただきました。
隣り合う2棟にはそれぞれの暮らしやすさ、住む人の“らしさ”を大切に、そして個性を持たせながら2棟に一体感を感じられる設計を。SW工法を採用し高気密高断熱で住む人が快適性を強く感じられる家づくりを目指しました。
扉を閉めていても各部屋の空気の行き来があり、家中の温度差が小さくなる工夫をしています。また実際の建築に携わる職人とスタッフ間の連絡と情報交換を密にし、より精度の高い施工ができるよう一体となって取り組んでいます。またそんな私たちの家づくりをお客様に知っていただく機会も大切にしています。どんな手間をかけているのか、どんな考えや計算のもとでお客様に家づくりのご提案を知っていただくことで、お客様の家づくりへの不安を軽減し、住み始めてからも安心して暮らしていただけると考えています。これから歳を重ねていく暮らしやすさを重視した段差の少ない平屋住宅。各部屋の明るさと温かさ、快適性を重視しました。
ランニングコストを抑え、快適な暮らしはしっかりと守る。高い技術でお施主様の理想の暮らしをカタチにしました。