工事中

家の隙間を測る??2019.07.05

本格的な梅雨を感じさせる
雨模様が続いた今週の上越wink

そんな中、建築中のお客様のお家で、
SHINSEIの家づくりに欠かせない
大切な検査が行われました!

【気密測定検査】です!

SHINSEIではこの気密測定検査を
全棟で行っています!!

ここ上越での家づくりにおいて、
お客様からいただく様々な要望。
その中で、世代を問わず必ず上がるのが
『冬、寒くない家に住みたい!』という
お声です。

冬の寒さは、ただ単に体感のことだけ
ではなく、体調や健康に大きくかかわる問題!
『寒い家はイヤ!!』とおっしゃる方が多いのも
当然ですね

そんな冬の寒さを防げるのか防げないのか。
大きくかかわるのが住宅の【気密性】です

【気密性が高い家】つまり【隙間の少ない家】を
作ることが、快適な暮らしの土台なんです

「プロが作るのに隙間だらけなわけがない!」
そんな風に思われる方もいるでしょうか?
そう、目に見えるような隙間が無いのは
当然ですね。
でも、小さな隙間があちこちにあったらどうでしょう?
見た目には隙間が無いように見えても、空気は
簡単に流れます。

【隙間の少ない家を造る!】
そのために【どれくらい隙間があるか測る】
これが気密測定検査なんです

【気密測定検査】は、専門のスタッフさんが
専用の機械を使って測定します!

家の開口部をすべて閉めた状態で
一カ所から脱気(空気を抜く)をし、
外から内側に流入する空気の量を
測定するのです

次回は、実際の測定結果について
ご紹介しますね